令和3年度 学校の様子

令和3年度 着任式・入学式・始業式

 4月6日、今年度の門出を祝うような満開の桜のもと、小布施中学校第20代校長川本修一先生の着任式、令和3年度の入学式が行われました。その後、1学期の始業式が行われました。全校生徒にむけ、川本校長先生から次のようなお話がありました。

 『1年のスタートにあたって、「随人観美」という言葉を紹介します。コロナ禍で人との物理的な距離はとらなければなりませんが、心と心は繋がっていたいと願います。人に寄り添いながら私たちは生きています。このような状況だからこそ、人とのふれあいが大切です。入学式の歓迎の言葉や生徒代表の言葉にもありましたが、まずは、あいさつをすることで人とのふれあいは深まります。これが「随人」です。

 そして、人は誰しもキラリと光る美しいものを持っています。相手のいいところをしっかりと認め合うことが必要です。相手のよさを見つけられる人になりたいものです。これが「観美」です。まずは、あいさつからはじめていきましょう。』

2021年04月08日

1年 総合的な学習の時間

 5月27日、前町長さんを講師に招き、町づくりに関わるお話を聞きしました。前町長さんの町づくりへの溢れる情熱に触れ、生徒たちは、我がふるさとに対する愛着が一層強くなったようです。歴史や地域の特色を踏まえた戦略的な町づくり構想に刺激を受け、新たな問いと追究意欲が湧いてくる時間となりました。どのような情報を集め、どう考察するのか、一人一人の追究が楽しみです。

2021年05月28日

人権同和教育月間~校長講話~

 6月は人権教育月間です。道徳の時間などを中心に日頃の自分を見直す機会をとっています。4日(金)には、校長先生のお話がありました。世界中から愛されるアーティストが「あのとき自分の人生が変わった」と話す出来事についてです。目の見えないこのアーティストは、少年時代に先生や仲間に認められ大きな自信を持ったというお話です。情景が鮮やかに浮かぶ語り口に、どんどん話に引き込まれていきました。お話を聞き終わったときには、主人公になったような晴れ晴れとした気持ちになり、自分に自信が持てたような感覚になりました。4月、校長先生からお話いただいた「随人観美」の心(相手のよいところを見つけ認めること)とつながるお話でした。

2021年06月04日

中体連北信大会壮行会

 5日の北信陸上大会を皮切りに夏季大会が始まります。様々な制約がある中で、懸命に練習に打ち込んできた生徒の皆さんに、画面を通してですが、全校でエールを送りました。ケガや体調には十分に気をつけて、精一杯頑張ってきてほしいと思います。選手の皆さんの健闘を祈ります。全校で応援しています。

2021年06月04日

清掃交流会

 6月7日から、縦割りで清掃について学び合う活動“清掃交流会”が始まりました。普段は学級や学年ごとに分担場所を清掃していますが、今回は、違う学年の生徒が集まって清掃を行う整美委員会の企画です。上級生が下級生のお手本となることもあるでしょうし、上級生が下級生から学ぶこともあると思います。一人一人が自分と向き合い、課題を見つけ、今後の清掃へ活かすことができるとよいと思います。

2021年06月07日